《 オクサス学会 》

※ オクサス学会は              

アフガニスタン文化研究所

とは別の研究グループです。

 

 ⇒ クサス学会規約 

  



オクサス学会からのご案内


オクサス学会・講演会

 この度、オクサス学会ではゾロアスター教研究の第一人者、青木健先生をお招きして「ゾロアスター教」に関しての講演会を企画いたしました。 青木先生は主な著書に「アーリア人」「ゾロアスター教」「古代オリエントの宗教」「ゾロアスター教史」他多数あり、皆様にも関心のある分野かと、思います。ご興味のある方はふるってご参加ください。また、今回の講演会は会員の他、一般の方も参加できます。

 日 時 2019年4月7日(日)13:30~16:30(受付13:00~)

 講 演 「ゾロアスター教」

      講師 青木 健 先生(静岡文化芸術大学教授・宗教学者)

 場 所 JICA地球広場(JICA市ヶ谷ビル) セミナールーム600(6F) 

              新宿区市谷本村町10-5

              電話 03-3269-2911

 参加費 500円(資料・会場費)

 定 員 80名(先着順)

 申込み 下記アドレスにメールでお申込みください。

      非会員の方はお名前とメールアドレスをご記入願います。

      (定員になりましたら締め切らせていただきます。)

     オクサス学会事務局: oxus_association@jcom.zaq.ne.jp

 交 通 JR中央線・総武線「市ヶ谷」 徒歩10分

     東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分

     東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分

      ⇒ アクセスマップ



● 2019年度年会費 3,000円納入のお願い

  (未納の方は3月31日までに、下記口座にお振込みお願いいたします。)

   振替 00130-0-599489 オクサス学会 

   振込 ゆうちょ銀行 〇一九(019)店 当座 0599489 オクサス学会(オクサスガッカイ)

  オクサス学会 事務局



 << 読書会の予定 >>

第30回オクサス学会・読書会

 日 時 2019年6月16日(日)13:30~16:30(開場13:00 退室17:00)

 場 所   JICA市ヶ谷ビル 地球ひろば セミナールーム 201AB(2F)

 テキスト 『考古学が語るシルクロード史』

        8. インドの道: P.242b 7行目~ 

  前回配布いたしました資料を使う場合がございますのでお持ちください。

   前回欠席された方は予備のものがございますので、当日受付にお申し出ください。

   (一部¥200となります。)

 会 費   500円以内(資料代含)

 交 通  JR中央線・総武線「市ヶ谷」 徒歩10分

       東京メトロ有楽町線・都営地下鉄新宿線「市ヶ谷」A1番/4番出口 徒歩10分

       東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分

       アクセスマップ 


 

<< 読書会テキストの詳細索引および関係資料 >>

 「考古学が語るシルクロード史」の詳細索引、参考文献一覧表および関係資料を掲載します。

  Web上で閲覧またはダウンロードして下さい。

『アーイ・ハーヌム一覧』 2019.02.20

『加藤九祚・著作一覧・年順』 2019.02.20 改定

『考古学が語るシルクロード史』詳細索引  2017.10.23 改定

『考古学が語るシルクロード史・参考文献』2018.6.10

『考古学が語るシルクロード史・参考文献 著者別』2018.6.10 



 < 関係資料 >

39ページ 【ホラズム人】

67ページ 【ディアドコイ戦争】

94ページ 【アンティオコス王の頭部】

95ページ 【ダルヴェルジン、カラテパ】

95ページ 【トプラクカラ出土の壁画】

95ページ 【ハルチャヤン出土の壁画】

96ページ 【ザールテパ出土の壁画】

96ページ 【ミーランの絵画】

104ページ 【貨幣】

107ページ 【貨幣】

169ページ 【ネストリウス派の中国伝播】

172ページ 【ウイグル語のテキスト】

172ページ 【ソグド語の手紙】

173ページ 【トルファン出土のマニ教経典】

173ページ 【ハナカ】 

175ページ 【カルヌントゥムのミトラス神殿】

176ページ 【雄牛に打ち勝つミトラ神】

177ページ 【オスティアのフェリシィウムのミトラ神殿の床モザイク】

180ページ 【カブリスタン】 

182ページ 【ラピス鉱山】 

193ページ 【髭のヘラクレス他】

194ページ 【象牙の櫛他】

195ページ 【フームのギリシア語碑銘】

196ページ 【スルフコタル】

198ページ 【エトルリア】

199ページ 【ウェイイ神殿のヘルメス像】

199ページ 【エトルリア出土の骨壺】

199ページ 【カノーポ型骨壺】

199ページ 【ローマへの交易ルート】

199ページ 【玉座に載るカノーポ型骨壺】

199ページ 【人間型納骨器】

200ページ 【ストラボン】

200ページ 【北カフカス出土のローマ起源の物品】

201ページ 【ティリアテペ出土のティベリウス帝金貨】

201ページ 【ネロのコイン】

201ページ 【ベグラム出土品】

202ページ 【カドフィセス2世の貨幣改革

202ページ 【ハルポクラテスなどのコイン】

203ページ 【キュベレ女神像円板】

203ページ 【キマノ・フィコ、ファロス、サバジウス】

203ページ 【ジュピター・ドリヘヌス】

204ページ 【カラ・カマル】

205ページ 【ミーラン】

206ページ 【フン族】

207ページ 【アンカラの戦い】

207ページ 【サーマーン朝】

207ページ 【ニコポリス付近の戦い】

209ページ 【アフラシャブ都城址の壁画

209ページ 【ソグド人と中国の接触】

209ページ 【ソグド人の居留地】

209ページ 【ソグド人聚落】

209ページ 【康艶典が築いた聚落】

209ページ 【長安、洛陽のソグド人】

209ページ 【敦煌 従化郷】

210ページ 【ソグド商人】

211ページ 【古書簡】

212ページ 【胡旋舞、胡騰舞】

214ページ 【タフテ・サンギン都城址】

214ページ 【フヴィシカの金貨に刻まれたオアフショ】

214ページ 【ワフシュワル発行の金貨】

214ページ 【山村ワフシュワル】

215ページ 【法隆寺の香木】

223ページ 【最古のじゅうたん】